Farway ~若葉に羽を~
『好きこそ物の上手なれ』スタンスで綴る拙い徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン 27話:へルター・スケルター
なんなんだよ!
どうしたいんだよ?先週は凄い良いエピソードだったんでしょ?
観てなかったけど、各サイト様の感想を読む限りじゃ見放した人を取り戻すほどナイスな展開だったらしいのに、今回は何?
朝からこんなのは凹むわ…。

まあ、エウレカの世界の今まで曖昧になってた危機感やらダークな部分を扱っていく表れなんでしょうかね?
また鬱展開(しかもこの調子じゃ確実に前よりきつい)になるのは勘弁ですよ、佐藤さん。

今回の話は『24』ばりにリアルタイム描写だと思いました。
チャールズとレイとの交戦で明らかにピリピリ状態の月光号。
さらに世界中で報告が増える大規模な地殻変動や軍の本格的な情報コントロールに月光号の面々はマジモードに入ってきています。
レントンとエウレカと子供達を営倉に匿って、防弾チョッキにガスマスク、そして銃をレントンに渡します。
あっ、ここでのドギー兄さんとレントンのやりとりは良かったです。
「俺が奴でも間髪空けずに畳み掛ける」
チャールズは必ず来ると確信するホランド。
そしてその通りにたった二人で月光号に侵入してきたチャールズとレイ。
二手に別れ、レイはシステム系を攻略。チャールズはホランドを目指す。
秒単位で変化するシステムへの侵入トラップを容易く突破するレイの実力はウィザード級だそうで、さすがといったところですかね。
チャールズもホランドと互いに見えないままに銃撃戦。このへん、プロは怖い!と感じますね。

営倉までレントンたちを迎えにきたタルホ姉さんですが、すぐ後ろにレイが迫っていました。
銃を突き付け、レントンたちを捕らえたかにみえたレイですが、子供達がエウレカをママと呼ぶのを見てかなり動揺している様子。
さらにレントンは必死にレイを説得。銃を構えて。
ここは、何があろうとエウレカを護ると決めたレントンの描写ですね。顔怖いけど。

格納庫ではホランドがチャールズ相手に昔の感性を取り戻してきた感じ。
そしてウォズがシステムの復旧させたことで艦内のライトが点灯。
ライトスコープを着けていたレイは眩しさに一瞬ひるみ、タルホ姉さんに逆に抑えられます。
タルホさん、強っ!

撃ちあって二人の緊張が高ぶったのが原因か、なんとニルが勝手に動きだしました。
レイが捕まった報告と動くニルに動揺するチャールズにホランドは隙をついてゼロ距離射撃!しかし詰めが甘いつーか、心が甘い。
足を撃たれます。ここでチャールズの言った『王を受け継ぐ』なんたらは、やはりレントンにそういう力と資質があるって事なんかな。
レイは死んだチャールズを目の前にしてレントンに『これが自由を勝ち得た者の責任』と言ってチャールズに別れのキス。

さあ、ここで今回一番私がうんざりしたシーンです。
なんとレイはチャールズの体に爆弾を仕掛け、その爆発の隙に月光号を脱出してしまいます。
体が吹っ飛び血が飛び散った跡がちゃんと描かれていました。最悪です!朝から見せるもんじゃありません。
しかも視聴者のほとんどが好きだったであろうキャラ。かなり凹みましたよ、私は。

結果、レイはまた襲ってくるであろう形で終わりました。
この先が変に泥沼みたいな鬱展開にならないかマジで心配です。
もちろんなって欲しくはありませんが、今までの話の構成をみてみるとかなり不安です。
たった一話で急激にノリを取り戻せる力のある作品だけに、恐いです。
スポンサーサイト

テーマ:交響詩篇エウレカセブン - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


桑島由一氏の著書『神様家族』はお薦め!
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wakahane.blog28.fc2.com/tb.php/9-06c9d95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

交響詩篇エウレカセブン#27「ヘルタースケルター」

チャールズがぁぁっぁ!早くも退場ですかぁぁぁぁ。・゚・(ノД`)・゚・。な今週のエウレカセブン。あたらなOPとEDです。さて、OP。うーん、や っ つ け 仕 事 で す か ?絵の内容はいいのですが、途中で崩れています。キャラデザの 制限時間の残量観察【2005/10/23 17:50】

TBS「交響詩篇エウレカセブン」第27話:ヘルタースケルター

手に汗握るチャールズ&レイ対ホランドの直接対決。レントンとっての初めての、知った人の死。暗く重い展開を予感させる第3クールの初回。物語は、どこに向かうのか? 伊達でございます!【2005/10/23 19:18】

交響詩篇エウレカセブン #27 「ヘルタースケルター」

むごすぎる、朝の7時にやるには過激すぎる後半は When the cicada cries-せみがなる場合-【2005/10/24 22:08】

交響詩篇エウレカセブン 第27話

交響詩篇エウレカセブン 2サブタイトル「ヘルタースケルター」シリーズ後半の第1話。新OP&ED曲、ジングルまで新しくなってます。全体的に暗~いエピソード...詳細は以下*********** オヤジもハマる☆現代アニメ【2005/10/25 00:38】
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

  • FictionJunction.com

    素晴らしき楽曲を世に放つ梶浦由記様の活動!
  • 梶浦由紀オフィシャルブログ。
    梶浦由紀さんの日々の徒然
  • 鼻兎のテ-キョでお送りします。

    大学の友人“鼻兎”のブログ
    彼の文才には目を見張るものあり!
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する


    KOKIAさんの歌声
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。